トップ > アンチエイジング > アンチエイジングで使われる用語

アンチエイジング化粧品・サプリランキング

アンチエイジングで使われる用語

アンチエイジングが注目される様になって、様々な方法が研究、開発されています。初めてアンチエイジングを意識するのはお肌ではないでしょうか。
そのお肌のアンチエイジングのための化粧品も商品が多数揃っています。それだけ多くの化粧品が揃う中で、様々なアンチエイジング用語も増えてきました。
お肌の酸化を抑える抗酸化成分に「カイネチン」があります。アンチエイジングの敵である活性酸素を抑える働きをする成分は、間違いなくアンチエイジングの効果には必要なものです。
このカイネチンは、成長ホルモンの一種で、植物から抽出されます。ところが、同じく人間の体でも同じものが生成されているので、アンチエイジングに利用しても、アレルギー反応が出にくいとされています。
お肌の1番のトラブルでもあるシワを改善する効果があるのは、何と言ってもコラーゲンでしょう。また、レチノールはこのコラーゲンやエラスチンの生成を促す働きを持っています。また、お肌の代謝をあげる効果もあるのでお肌の生まれ変わりが促進されて、アンチエイジングにはたいへん効果のある成分です。
その他に、シミやシワを改善してお肌のモチモチ感を高めてくれる働きのあるヒメフウロエキスや、お肌の血管の弾力性を強化する働きがあるとして有名なのがアスタキサンチンです。
化粧品の中でもアンチエイジング用に開発、製品化されているものもあります。ノンコメドジェニック化粧品は、コメドに対して効果がある化粧品のことです。このように、化粧品の世界では、すでにアンチエイジングは何年も前から開発されてきているのです。

アンチエイジング
アンチエイジングについて解説しています。

前の記事 | 次の記事

関連記事