トップ > アンチエイジング > 眼瞼下垂のまぶた治療について

アンチエイジング化粧品・サプリランキング

眼瞼下垂のまぶた治療について

まぶたを引き上げる筋肉が衰えたことが原因で起こるたるみなら、眼瞼下垂の可能性があります。たるみの原因は脂肪ではなく筋肉なので、切開法で脂肪除去をする意味はありません。保険の適応が可能であるだけでなく、眼瞼下垂の手術は眼科、整形外科などでも受けることができます。まぶたのたるみの程度が大きい場合には、切開式も同時に行ってたるみを取ることもあります。ディスプレイ画面を連続して使用していると目の筋肉は疲労していきます。加齢などの理由でも筋肉が弱ってまぶたが下がることがあり、これは後天性眼瞼下垂として生まれつきとは区別されます。挙筋短縮法という手術法は、眼瞼挙筋という部分の筋肉の一部を切除してつなぎ合わせるというものです。これまで、後天性の眼瞼下垂に使われてきました。この手術方法は、たるみの大きい人に対しても有効な方法です。ただし、ミューラー筋を傷つける恐れがあります。ミューラー筋は交感神経と関わりがある筋肉です。特に問題がなければ、挙筋短縮法ではなく挙筋前転法を行うところがほとんどのようです。まぶたの裏の瞼板と、挙筋腱膜を再固定する方法で、筋肉を傷つけずに施術することができます。後天性の眼瞼下垂には適した治療である挙筋短縮法という方法ですが、技術と経験が必要なため、全ての医療機関で可能な治療というわけではありません。まぶたのたるみ治療に挙筋短縮法を使っているというクリニックは数多くあります。しかし全てが正しい方式とは限りません。きちんと確認をしましょう。

アンチエイジング
アンチエイジングについて解説しています。

前の記事 | 次の記事

関連記事