トップ > フェイスリフト > フェイスリフトの手術法

アンチエイジング化粧品・サプリランキング

フェイスリフトの手術法

フェイスリフト手術では、皮膚の余ってたるんでいる部分を切除する方法が確実です。こめかみや額の横の皮膚を切開し、引き上げて筋組織や皮膚をまるごとアップさせます。皮膚のたるみ部分を切り取り、持ち上げて再接合すことで、顔全体のフェイスリフト効果があります。入院せずにその日のうちに帰宅できる手術であることも嬉しい点です。手術にかかる時間は、状況にもよりますが3時間もあれば終わります。手術中は麻酔を用いるので痛みはごくわずかですし、濡らさない限りはシャワーOKな点も利点です。手術の次の日からなら風呂も入れますし、施術部位以外の場所に対しての化粧もできます。手術をしてから2日間はフェイスバンドで顔全体を固定し、一週間ほどおいてから抜糸です。抜糸後は元通りの化粧もできますので、日常生活に復帰可能です。人によってはフェイスリスト手術で顔が一時的に腫れることがありますが、1週間程度で収まる方が大半です。目を見張るほどのフェイスリスト効果があると言われる手術ですが、注意点もあります。手術によって顔面神経が傷つき麻痺が出たり、血腫で皮膚が壊死したり、手術の痕跡が派手に残ったりという可能性は皆無ではありません。危険性をあらかじめ回避するには、実績があり信頼性が高い美容クリニックでフェイスリスト手術を受けることです。フェイスリストを受ける時には、場数を踏んだ医師にカウンセリングを受けて相談をするといいでしょう。フェイスリスト手術を受けたことを後悔することにならないよう、下調べは万全を心がけてください。

フェイスリフト
フェイスリフトの解説です。

前の記事 | 次の記事

関連記事

カテゴリー
  • アンチエイジング
  • サプリメント
  • サーマクール
  • たるみ
  • フェイスリフト
  • ポラリス
更新履歴
フェイスリフトのドクター選び
フェイスリフトの手術法
フェイスリフトの手術について
問い合わせ
問い合わせ