トップ > たるみ > 切開法でまぶたのたるみを解消する

アンチエイジング化粧品・サプリランキング

切開法でまぶたのたるみを解消する

目のまわりに脂肪が多い人は、それがたるみの原因かもしれません。目の回りを切開し、この脂肪を取り除いてまぶたのたるみを解消する切開法という施術法があります。若い頃はたるんていなかったものの、年齢を重ねると共に皮膚のハリがなくなって脂肪が支えきれなくなった人や、まぶたが脂肪で厚めの人に適した手術法です。切開法でまぶたの脂肪を取り除く場合、まぶたのたるみのどこを切開するかは取り除きたい脂肪の部位によって異なります。上まぶたを施術する際の切開位置は、眉のすぐ下側か二重のラインに沿うようにメスを入れます。一方、目の下が腫れぼったくたるんでいる人の場合、下まつげの付け根に沿うような形でメスを入れ、目の下の脂肪を取りだします。切開したラインは、元々の二重のラインやまつげのふちと重なりますので、多少残っても目立ちません。上下のまつげのラインに沿ってたるみを切除し、縫い合わせるまぶたのたるみの切開方法もあります。たるみを取るために切開法手術を受けた後しばらくは腫れることがあります。また、所要時間は60分程度です。腫れの程度は多少目立つ程度ですが、人によっては強く腫れることがあります。どこかにぶつけた時に腫れやすい人は要注意です。その場合、腫れが引くまでしばらくかかります。切開をした箇所は縫い合われるため、抜糸のための後日の来院が必要です。また、当日はメイクや洗顔は控えましょう。痛みを全然感じないような処置は難しいですが、局所麻酔、点眼麻酔で痛みはかなり軽減されます。

たるみ
たるみ解消のアンチエイジングの解説です。

前の記事 | 次の記事